FC2ブログ

2011年03月 First Descent

利尻岳 スキー ホダカ

利尻3日目の28日は快晴でしたが、強風。前日と同じく利尻岳に北面からアプローチしました。
ザックにつけたスキーが風に煽られ、飛ばされそうになりながらもガチガチの尾根を登り、
何とか1200m付近まで到達。間近で見た利尻岳は厳つくて異様な迫力でした。

強風の中準備して北面を滑降。前日降ったおかげで最高のパウダーでした。
自分達以外は誰もいないのでもちろんノートラック。
大斜面を海に向かってドロップする感覚は独特でした。
1本滑った後は風を避けて北東面に移動し2本。
標高は低いながらもスキーの走るパウダーで気持ちよく滑れました。

最終日の29日も快晴で強風。
午後の飛行機まで時間があるのでこの日も利尻岳北面行ってみました。
ですが前日からずっと強風だったようで、すべて雪は飛ばされカチカチ。
早々に引き上げて、宿で利尻岳を眺めながらのんびりした後、
4日間過ごした利尻をあとにしました。


海をバックに利尻岳をハイクするアシスタントの本村さん。
海と礼文島をバックに利尻岳北面をハイクするアシスタントの本村さん。渡辺さん撮影。

利尻岳
厳つい姿の利尻岳。渡辺さん撮影。

利尻岳北面へドロップするガイドの渡辺さん。
海へ向かって利尻岳北面を滑降するガイドの渡辺さん。

利尻岳の大斜面を滑降するアシスタントの本村さん
利尻岳の大斜面を滑降するアシスタントの本村さん。渡辺さん撮影。

マルゼンペンション レラモシリ
今回宿とガイドでお世話になったマルゼンペンション レラモシリ。海の食材を使った食事が最高でした。
スポンサーサイト



[2011年03月31日]

利尻岳バックカントリー ホダカ

26日から利尻に来ています。

初日の26日は千歳で飛行機を乗り継ぎ、14時ごろ宿に到着。
目の前のポン山山頂まで登って北面を滑ってみました。
天気がよくて山頂からは利尻岳がよく見えました。

2日目の27日はガスのため利尻岳山頂まで行けず、1000m付近から滑降。
パウダーですが、天気も悪くなってきたので早めに切り上げました。

利尻空港から見た利尻岳
初日、利尻空港から見た利尻岳。

利尻岳を滑降
2日目、利尻岳を滑降する五味さん。
[2011年03月27日]

天狗原BC  トシ

 6日日曜にマニと2人で天狗原に行ってきました。
朝から天気が良く穏やかに思えたので、時間が許せば白馬乗鞍岳まで
足を延ばしたいと思って向かいました。

 登る準備をしている時は感じなかったので、リフトが時折風の影響
で運転を見合わせていたのが不思議?でした。
が、登って行くと風を感じはじめ雪がチラホラ。
天狗原に取り付く頃にはさらに風を感じるようになりました。
SANY1001.jpg
ハイク準備
SANY1002.jpg
天狗原取り付き(ちょっと手前)

 天候を考慮し、上まであげずに途中からドロップ。
この週の雪予報でちょっと期待し滑り出したのですが、パウダーは何処に?
先週に引き続きパウダーはどこかに飛んでってました。
それでもノートラックを滑れたので、久しぶりの山に感謝!
マニと2人、笑顔で無事に下山しました。
SANY1005.jpg

SANY1007.jpg
[2011年03月07日]