FC2ブログ

2010年12月 First Descent

パウダー最高!!   トシ

 昨日からの降雪で、宿の前でも20センチほど積っていたので期待をしながら八方のスキー場の状況を確認。

SANY0004.jpg

 すると風も弱まっているようで、朝からゴンドラが動いていました。
今日までチケットが安いので、迷わずスキー場へ。並ばずにゴンドラに乗りこみ、いざ。
上部では雪と若干の風、視界もちょっと心配。

SANY0005.jpg

でも、リフトに乗りさらに上部へ。
板を履こうと足を踏み入れると、膝までのパウダー!(写真がうまく取れなかった)

SANY0007.jpg

 少ししたら非圧雪のコースが開いたのでお昼も忘れて滑ってました。
シーズン初のパウダーを満喫しました。

 宿に戻ってみると、車の上にさらに雪が積っていたので心配で雪かきをしました。

SANY0008.jpg

 明日からはチームと合流するが、雪がどうなるか心配です。
スポンサーサイト



[2010年12月24日]

初滑り in 白馬   トシ

 24日にお休みが取れたのと週末にチームが白馬入りするので、ちょっとフライングをして
白馬にマニと初滑りに来ました。

栂池スキー場に向かいながら白馬は朝から雨、それでも栂池に近づくと雪に変わってきたの
で期待が高まった。
今年はまだ雪が少ないためか駐車場に車は少なく建物のそばに停めることができた(Lucky)
早速滑る準備をしてチケット売り場に。

チケット売り場が閉まっていて何かと思うと、強風のためゴンドラが動いていなかったのだ!

車に戻り、情報収集。ゴンドラのあるスキー場はどこも運転見合わせのため、白馬乗鞍に確認
をするとリフトが1本動いているとのこと。
自分が滑りたかったので、半ば強制的に移動。

乗鞍に着くとリフトは動いているものの、コース上には藪や土が見えているところも・・・。
悩んだ末チケットを購入し、とりあえず1本。
アイシーでしかも前日のまま固まっており足を取られ、散々。

SANY0001.jpg

それでも何本か滑っているうちに、体も慣れ、バーンが緩んできたことから滑りやすくなって来
たような気が・・・。
しかし、みんなが滑っているため藪や土がさらに出始めてきたのでお昼前に終了!

体を温めるために倉下の湯に入り昼食をとり、今日の飲み分を購入しマニ帰宅のために長野駅に
お届け。

宿に入ると、雪の降り方が強くなってきた!!

SANY0003.jpg

18時すぎに宿の前でも3cmくらい積っている。明日に期待!!
メンバーと合流する前に、どこに行こうかな?
[2010年12月23日]

阿弥陀岳南稜 ホダカ

12/11、12八ヶ岳の阿弥陀岳南稜を登ってきました。

1日目は船山十字路から旭小屋、立場山を経由し、青ナギの少し先で幕営。
少し広くなった尾根の登山道上にテントを張りました。

2日目、薄暗いうちにテントを撤収して出発。
南稜を登攀して阿弥陀岳に登頂。快晴で素晴らしい展望でした。
下山は中央稜から。道が分かりづらくて軽く迷いましたが、
夕暮れぎりぎり無事に船山十字路帰着。

南稜P2の1ピッチ目。
南稜P2の1ピッチ目。

南稜P2の1ピッチ目。
南稜P2の1ピッチ目。

南稜P2の2ピッチ目。
南稜P2の2ピッチ目。

阿弥陀岳山頂にて。後ろには赤岳。
阿弥陀岳山頂にて。後ろには赤岳。
[2010年12月14日]

Family Descent トシ

12日の日曜、カズ・ケイ夫妻とビーコントレーニングを兼ね、うちの近くの都立水元公園
で遊びました。
天気も良く12月とは思えないほど暖かくすごしやすかったです。

公園に到着後、まずはスケボーでウォーミングアップ。
あまりの暑さに上着を脱いで夢中になってしまいました。

ケイちゃん・シュン

カズ・トシ

カズ・ケイの息子シュンも滑り台に夢中で何度も何度もヨチヨチ登っては滑るをくり返して喜んでました。

そして、本来の目的であるビーコントレーニングを始めました。
広いフィールドをただやみくもに探すのではなく、駐車場横のちょうど良い植木のスペースを利用しその幅を雪崩の走路と想定し行いました。
ビーコンを落ち葉の中に隠したりと、みんな工夫をして見つからないようにしました。
自分も前季途中からトラッカーからマムートのバリボックスに変えたので操作法の再確認もできました。

ビーコン
[2010年12月13日]

αルンゼ アイゼントレーニング ホダカ

比良山系中ノ谷のαルンゼでアイゼントレーニングをしてきました。
アイゼン履いて岩を登ります。前爪だけで立ちこむ練習になりました。

比良山系中ノ谷αルンゼアイゼントレーニング
αルンゼ アイゼントレーニング
[2010年12月05日]