FC2ブログ

2010年04月 First Descent

4/17 立山雪崩レポート ホダカ

立山で17日に巻き込まれた雪崩のレポートです。

17日15:50、真砂岳の西側の尾根から南に向かって沢へ滑っている途中で巻き込まれました。

尾根上をハイクして沢に向けて滑走開始。途中から斜面が落ち込んでおり先が見えないので、一旦左側に大きめにターンして減速。ターンしながら下をのぞくと沢まで雪がつながっており、滑れそうなのでそのまま落ち込みに進入しました。

このとき斜面上から雪がパラパラ落ちてくるのに気づきますが、上方を振り返る間もなく、周囲の雪がブロック状になって動き出し、雪崩と分かったときには身体が押し流されていました。その後は雪煙で視界がなくなり、一瞬のことですがどこを流されているのか分からなくなります。写真やGPSのログを見ると、滑走するつもりだった落ち込みを雪崩と一緒に滑落していたようです。不思議と衝撃は全くありませんでした。

視界が回復した時は脚がデブリに埋まったまま沢を流されていました。流されている途中、身体が回転したり頭が下になったりすることはなく、頭と腕は常に雪の上に出ていました。そして身体の左脇腹から右ひざ辺りを結ぶ線から下が埋没した状態で停止。幸いにも無事でした。

停止後は周囲にいた数人に掘り起こしてもらい脱出。目撃した方の話では、途中で自分が誘発した雪崩が上から追いかけてきて、落ち込み手前で減速したときに流されたとのこと。

凍結層の上に積もった15cm程度 (破断面を近くで見ていないので不確か) の新雪層の点発生雪崩でした。西向きの斜面では他にもいくつか点発生雪崩が起きていました。この日朝はガスっていましたが、14時から急に晴れたので、日射の影響で前日までに降った雪が重くなり雪崩れやすい状態にあったのだと思います。

周りの雪がブロック状になったときは本当に死ぬかと思いました。雪崩に巻き込まれたら泳ぐようにして雪の上に浮上する、という話を聞くことがありますが、このときは流れてから停止するまで雪の重みでそんなことできません。流されるままでした。

立山真砂岳の雪崩の跡
立山真砂岳の雪崩の跡。赤丸が巻き込まれた場所。当日の17:40室堂山荘から撮影。

立山真砂岳の雪崩の跡
立山真砂岳の雪崩の跡。当日の17:40室堂山荘から撮影。

立山真砂岳の雪崩に巻き込まれた際のGPSログ
立山真砂岳の雪崩に巻き込まれた際のGPSのログ。
スポンサーサイト



[2010年04月27日]

立山バックカントリー ホダカ

4/17-18、ブルークリフのバックカントリーツアーで立山に行きました。
金曜日に雪が降ったおかげで2日間ともパウダー、天気もよくて最高でした。

17日は朝はガスでしたが、午後から急に快晴に。
雄山、大汝山、真砂岳の西側の斜面を滑りました。
どこもノートラック、ハイシーズン並みのパウダーでした。

大汝山を滑るツアー参加者
大汝山を滑るツアー参加者

この日、真砂岳の西側の尾根から沢へ向けて滑っているときに雪崩に巻き込まれました。
落ち込みの手前で巻き込まれて150mくらい流され、左足全体と右足の一部が埋まった状態で停止。
周りにいた数人に掘り起こしてもらいました。ケガなどは全くありませんでした。
凍結層の上に乗った15cm程度の新雪層の点発生雪崩でした。

18日は朝から快晴。剱沢、雷鳥沢、エンマ山を滑りました。
特にエンマ山の北斜面は軽いパウダーがノートラックで残っていて最高でした。
室堂ターミナル着が16時半、めいっぱい滑りました。

剱御前小舎に向けてハイク
剱御前小舎に向けてハイク。

剱沢にドロップするツアー参加者
剱沢にドロップするツアー参加者。

エンマ山を滑るガイドの竹尾さん
エンマ山を滑るガイドの竹尾さん。
[2010年04月18日]

焼岳BC ホダカ

焼岳に行きました。

6:50に中の湯温泉旅館の裏側から取り付いて、夏の登山ルートを伝ってハイク。
シールの利きにくいザラメ雪だったのでP2037を過ぎたあたりで
念のためアイゼンに履き替えて10:10焼岳に登頂。

山頂から南側のカールにドロップしてから、東面にある下堀沢の北側の尾根を滑走しました。
途中で雪がなくなったのでスキーを脱いで、軽く登り返したりしながら歩いて上高地に下山。
釜トンネルを経由し車道をひたすら歩いて、13:30に中の湯温泉旅館に帰着しました。

山頂から伸びる南側のカールは、短いですが広い斜面で気持ちよく滑れました。
東面は後半から徐々に樹林がうるさくなります。最後の車道歩きは長くてかなり疲れました。

焼岳山頂に向けてハイクするホダカ
焼岳山頂に向けてハイクするホダカ。

焼岳山頂直下をハイクする橋立
焼岳山頂直下をハイクする橋立。山頂付近からは噴煙が上がってました。

南側のカールを滑る橋立
南側のカールを滑る橋立。

[2010年04月10日]

講習会 @ 千畳敷 宝剣岳 木曽駒ヶ岳 ホダカ

4/3-4、江本悠滋さん主催、中央アルプス千畳敷のバックカントリー講習会、
「デカ山クリニック2010」に参加してきました。

1日目はホテル千畳敷周辺でアイゼンとピッケルを使った歩行、ピッケルを使った支点の取り方、
山での行動、ロープを使った人の上げ下ろしなど、そして夜は部屋でロープワークについて受講。

2日目は木曽駒ヶ岳に登頂、山頂から駒飼ノ池付近まで滑ってから稜線まで登り返して
千畳敷カールの大斜面を滑走しました。

内容の濃い2日間でした。

千畳敷にてロープを使った人の上げ下ろしを練習
1日目、千畳敷にてロープを使った人の上げ下ろしを練習。

稜線を駒ヶ岳に向けてハイク
2日目、カリカリの稜線を駒ヶ岳に向けてハイク。

駒ヶ岳に登頂
駒ヶ岳に登頂。北アルプスから中央アルプス、南アルプス、富士山まできれいに見えました。

駒ヶ岳山頂から滑走
駒ヶ岳山頂から滑走。カリカリでした。

宝剣岳をバックに登り返し
宝剣岳をバックに登り返し。

最後は千畳敷カールを滑走
最後は千畳敷カールを滑走。気持ちいいザラメでした。

[2010年04月04日]