FC2ブログ

2010年03月 First Descent

金山沢, 栂池BC ホダカ

金山沢に行きました。

ロープウェーを使ってP2301まで順調にハイク。
稜線まで上がるか迷いましたが、ガスが出てきたのでやめて、晴れた隙に早めにドロップ。

まだまだパウダーありました。

金山沢に向けてハイクする橋立
金山沢に向けてハイクする橋立。

金山沢でガス待ち
ガス待ち。
スポンサーサイト



[2010年03月28日]

3月最終週のドライパウダー  Hiro

3月27日
シーズンは終盤
約1か月ぶりの自分とシーズン皆勤賞のHodakaと2人で八方へ
朝方は白馬三山まで見渡すことができたので無名沢を目指してハイク開始。
八方池山荘を出発ししばらく進むと映画の「岳」のロケをやっていた。
ロケ隊の横を進んでいくと小栗旬と長澤まさみが天候の回復を待って待機していた。
八方池を過ぎた辺りから天候が悪化。
ノンストップで9時半には無名沢にたどり着いたが、雪が降り始めた。
HST30センチはドライパウダー、ハイシーズンのコンディション。
下のメルトフリーズとの結合はあまりよくない。
急斜面やノールを避け、まだ誰もエントリーしていない無名沢へエントリー。
雪はハイシーズンのドライパウダーでめちゃくちゃ軽い。
徐々に視界が悪くなり急いでガラガラ沢へ向けトラバース。
無名沢よりは雪質が劣るもののガラガラ沢もGoodなコンディション。
今シーズン、パウダーをゲットできるのはこれが最後だろう。

P1010638.jpg
岳の撮影隊
P1010640.jpg
ガラガラ沢でラインを確認するHodaka
IMG_0381.jpg
Hiroガラガラ沢
[2010年03月28日]

無名沢~ガラガラ沢, 八方尾根BC ホダカ

ブルークリフのバックカントリーツアーで唐松岳を目指しました。
が、八方尾根スキー場トップから尾根上はずっとガチガチ、強風。
丸山ケルンで断念して無名~ガラガラを滑りました。

斜面には軽いパウダーたまってて最高でした。

便所小屋の側をハイクするツアー参加者
便所小屋の側をハイクするツアー参加者。
あまりにガチガチで便所小屋に着く前にアイゼンに履き替えました。

無名沢を滑るツアー参加者
無名沢を滑るツアー参加者。

ガラガラ沢を滑るツアー参加者
ガラガラ沢を滑るツアー参加者。
[2010年03月22日]

八方ガラガラ沢 白馬バックカントリー ケンタ

昨日から降り積もった雪を狙って、本日は八方へ。
稜線上は風がびゅーびゅー、なかなか過酷でした。

先のグループのほとんどが無名沢方面を目指していたため、自分たちはガラガラ沢に。
途中ガスガスでドロップは晴れ間をぬってになりましたが、
ノートラックの底付きなしパウダーを存分にいただきました。
楽しかったです。

03151.jpg
ハイク中のホダカさん

03152.jpg
マニさんを気遣いながらハイクするトシさん

03153.jpg
爆風で吹き飛ばされそうになり、心が折れそうなマニさん

03154.jpg
ガラガラドロップ待ち
[2010年03月16日]

裏ヒヨ~若栗, 白馬バックカントリー ホダカ

裏ヒヨ~若栗に行きました。

下界は雨でしたが、栂池ゴンドラ山頂駅は雪。
シールがよく効いて栂池トップからヒヨドリ峰まで直登できました。

裏ヒヨはノートラック、1ピッチ目は気持ちいいパウダーでした。
2ピッチ目以降はストップ雪、自分達が落としたスラフで滑るのに苦労しました。

若栗も重い新雪、修行でした。

裏ヒヨにドロップするケンタ
裏ヒヨにドロップするケンタ。

裏ヒヨを滑るケンタ
裏ヒヨを滑るケンタ。

03141_20100316011712.jpg
裏ヒヨを攻めるホダカ

03142_20100316011712.jpg
念願の裏ヒヨ滑走を果たすトシ
[2010年03月13日]

ガラガラ沢~押出沢~トライアングル, 白馬バックカントリー ホダカ

ブルークリフのバックカントリーツアーで
ガラガラ~押出~トライアングルに行きました。

ノートラックのパウダーで最高でした。

八方尾根からハイク
八方尾根スキー場からハイク。

ガラガラ沢を滑るトシ
ガラガラ沢を滑るトシ。

押出沢を登り返し
押出沢を登り返し。

押出沢を滑るトシ
押出沢を滑るトシ。

トライアングルを滑るトシ
トライアングルを滑るトシ。
[2010年03月12日]

Baldface's photo Hiro

Baldfaceで一緒に滑ったアメリカ人のプロカメラマンHudson Henryから彼が撮影した写真が送られてきた。

Baldface-10_convert_20100309224740.jpg
Hiro
Baldface-11_convert_20100309224926.jpg
Mani
Baldface-12_convert_20100309224839.jpg
Toshi
Baldface-20_convert_20100309225011.jpg
Heath
Baldface-2_convert_20100309225117.jpg
[2010年03月09日]

裏ヒヨ撤退  トシ

土曜の願いが通じたのか、朝外を見たら一面の雪景色!!
車の上には10cm程の降雪があった。

朝

テンションが上がり、3人でガッツポーズ! 自然と準備も早くなった。
昨夜飲みながら話していた裏ヒヨに行くことにした。

栂池のトップでは相変わらずの雪だが、昨日より視界があり良さそうだ。

ハイク

ドロップ地点に到着し、滑走の準備を始める。

滑走準備

昨日同様、ホダカ隊長が様子を見ながらドロップ!!

滑り出し

無線から「滑った所の新雪層が流れた!」との事。
次の滑走を行うか少し話した後、引き続き様子を見ながらマニが滑走。
しかし、やはり流れたらしい。

3人で協議した結果、栂池スキー場に戻ることに決めた。
先に滑った2人は登り返すことになったが、新雪層が滑り苦労していた。

この場所は、昨シーズン3人で来て撤退した思い出がある。
また同じようになってしまったが、次回は是非リベンジしたい。
[2010年03月08日]

天狗原 白馬バックカントリー  トシ

今朝の白馬は朝から雨降りガスガスでしたが、ダメもとで天狗原,
天気が回復したら乗鞍山頂に向かうことにしました。
メンバーはホダカ(隊長),トシ・マニの3名となりました。

栂池スキー場トップでハイクの準備を開始、天気が回復してくれることを祈りつつ登り始めました。

ハイク準備

ハイク中も雨は降りっぱなし、天気の回復はやはり望めないのか・・・。

マニハイク

ホダカハイク

天狗原が近づいてきたら、風が吹き始めガスがはれてきたのでテンションが上がってきたのですが、
喜びも束の間すぐにガスに覆われてしまった。
しかし、懲りずに天気の回復を期待しつつ残りを登っていく。

天狗原に到着!!
天気の回復は認められず、ガスの合間を見てすぐにドロップ。

一気に滑走し、すぐにゲレンデに到達。
まぁ、みんな山を滑れたことで満足し、下山のためゲレンデを滑走。

しかしゲレンデは人が多く、さらに雨のおかげで雪面はボロボロ。

何とか下山し『倉下の湯』で温まり、『大法院』でそばを食べ本日のお宿へビールを買い込み向かいました。

昼食

お宿で明日の心配をしながらビールをいただき、記事を書きました。
明日へ期待!!!
[2010年03月06日]

カナダ グルメリポート   マニ

半月近くたってしまいましたがカナダでのグルメリポートです。

Baldface のCAT内で食べるランチ。
朝食後にここから好きなものを選び自分の名前入りバックに入れ、
自分のCATナンバーの箱へ納めます。

3種類のサンドウィッチや洋風焼きそばやチャーハン、フルーツ、クッキーなど。
具材は日替わり。
最終日のローストビーフサンド、美味しかったな~

BF ランチ

BFランチ2


夕方、山から戻るとこれまた日替わりで暖かいスープとピザなどの軽食が用意されていてうれしい限り。
ハーブのきいた鳥ウイングがピリ辛で激うまーー!!
Hiroさんは一気に5本は食べてた。
「世界の山ちゃん」を越える味にビールがすすみました♪

ブレイク(ピザ)

とにかくBaldfaceの食事は美味しくボリュームも十分。
見よ、このサーモンのデカさとステーキの厚さを~

12日サーモン

ステーキ


最終日の我々のデザート皿。
ガイドのユースケさんの粋なはからいに感激!!
ユースケさんのおかげで我々3人、
滑走でもロッジでも滞在中どれだけ楽しく貴重な体験をした事でしょう。
心から感謝です。

チョコケーキ2


ネルソン最終夜はホテルのパブで。
ナチョスと焼き立てピザなどでピッチャービール4杯空けてました。(3人だけじゃないです!!)

ネルソン最終夜


ケローナでの寿司レストラン『一道 ITTOU』。
マグロとサーモンのにぎりが脂ものって意外に◎でした。
もれなくここでもビールです。

寿司 一道(ITTOU)

ビール


最後はシアトル空港での朝食。
名物のクラムチャウダー。
クリーミーで美味。
フィッシュ&チップスもサクサクでタルタルソースとともにイケてました。
朝青竜、白鵬、琴欧州のような3人娘が目印のこのお店です。

クラムチャウダー

シアトル空港


食べて飲んでがっつり遊んでパウダーも堪能して、
素敵な方々と出会って本当にいい旅でした。








[2010年03月03日]