FC2ブログ

2009年09月 First Descent

剱岳  Hiro

9月5日~6日 FDのゴンと二人で剱岳を登ってきた。
今月に入り気温は下がり秋っぽくなってきたが、この週末は暑かった。

P1010441_convert_20090912123526.jpg
前日までの雨は上がり、みくりが池は新緑の時期のような深い緑と湖面に映る立山のシルエットが美しかった。

P1010444_convert_20090912123952.jpg
雷鳥平らを経て、雷鳥沢を登ってきた。
背中に背負ったテントとペットボトルに入れてきたワインと焼酎が重い。

P1010447_convert_20090912124215.jpg
御前小屋を通過すると目指す剱岳が見えてきた。
テント場の剱沢まで30分ほど下るだけ。

P1010453_convert_20090912134426.jpg
テント場の管理小屋で500円を払いテントを設営。
そのあと、剣沢小屋まで冷たいビールを買いに行ってきた。
500ml缶700円を二人で4本、「ちょっと高い」。
持参してきたワインと焼酎を剱岳の絶景を肴にして就寝までヒマをつぶした。

P1010457_convert_20090912124542.jpg

P1010460_convert_20090912124758.jpg
ゴンは酔っぱらって寝てしまった。

P1010487_convert_20090912125200.jpg
午前3時半、起床。
剱岳の方向を見るとすでに登山者のヘッドランプの灯りが数個見えた。
気温は6度くらいだろうか、自分のB社のシングルウオールのテント側壁は結露でベタベタだ。
ゴンの国産A社のテントはフライシートのおかげでテントは結露はなく快適だったらしい。
午前4時半、剱沢にテントを残したまま出発。
一服剱で日の出を迎えた。

P1010502_convert_20090912125357.jpg
鎖場のトラバース。
映画の影響か、人が多くペースが遅い。

P1010485_convert_20090912134942.jpg
前剱と雲海

P1010512_convert_20090912125534.jpg
「カニのタテバイ」を登るゴン。
思っていたより大したことのない登りだったが、核心部で登りながら仲間の写真を撮っている登山者にはまいった。
「渋滞してるじゃないか、さっさと登れよ」(怒)

P1010521_convert_20090912125752.jpg
7時半、ピークに到着。
山頂は人、人、人であふれかえっていた。
映画の影響で三角点の写真を撮っている人も。

P1010523_convert_20090912130007.jpg
ピークからダイレクトルンゼを覗き込む。
ここを滑るのそんなに難しくはなさそうだが、雪の付いた斜面をスキーを担いで登ってくることは自分にとっては難しそうだ。

P1010530_convert_20090912130232.jpg
ヨコバイ渋滞を避けるため、早々にピークを後にした。
テント場の剱沢は写真の左端、中央奥は室堂。

P1010533_convert_20090912130453.jpg
ヨコバイを通過するゴン。
岩の割れ目に足が届かず、ヒヤッとする一幕も。
ここも大したことはないが、30分近く通過の順番待ちを強いられた。

P1010536_convert_20090912130733.jpg
ハシゴを下りるゴン。

P1010538_convert_20090912131002.jpg
下りの一方通行を経てタテバイまで下ってきた。
ここも午前8時を過ぎて順番待ちの渋滞が発生。

P1010545_convert_20090912131216.jpg
剱沢でテントを撤収し、室堂へ向かう。
気温が高く、日差しも強く、撤収したテントも重く、辛い帰路になった。

P1010548_convert_20090912131415.jpg
地獄谷は風向きが悪く、登山道にガスの中。
ガスの中を足早に通り過ぎるが、何度も咽た。

午後2時前、観光客と登山客であふれかえったバスに乗り立山を後にした。

スポンサーサイト



[2009年09月12日]

涸沢登山学校 北尾根登攀  Hiro

この週末、チームのHodakaと二人で、冬のシーズンを前に、ロープワークなど実践の場でトレーニングをしてみたくて涸沢ヒユッテ主催の登山学校に参加してきました。
登山学校の目標は前穂北尾根のバリエーションルートの登攀です。

P1010362_convert_20090903222542.jpg
午前6時半上高地を出発、午前中に涸沢ヒユッテに到着しました。

IMG_0349_convert_20090903232245.jpg

午後からは、翌日にそなえ、室内で確保しながらの登攀のトーレーニングを行いました。
参加者は7名、年配の方が多く、Hodakaが最年少でした。

P1010365_convert_20090903223257.jpg

翌日は晴れ。
明日、登攀予定の前穂北尾根が良く見えていました。

P1010373_convert_20090903223553.jpg

明日に備えて、ザイテングラードで岩登りのトレーニングを行いました。

P1010394_convert_20090903224532.jpg

P1010390_convert_20090903223920.jpg

IMG_0366_convert_20090903232402.jpg
余裕のHodakaです。

P1010386_convert_20090904003831.jpg
Hiro

P1010404_convert_20090903224201.jpg
トレーニングが終了して、ヒュッテに帰る前の一枚。
天気が下り坂です。
明日が心配。

P1010360_convert_20090903222933.jpg
ヒュッテに戻ってきました。
これからビールを呑んで昼寝です。
まだ午後2時です。

P1010419_convert_20090903225936.jpg

P1010416_convert_20090903225656.jpg
登山学校3日目。
心配していた雨が昨晩から降り続いています。
参加者のテンションは低く、レストかと思ったら、北穂東稜を登攀することになりました。
途中で天候が回復したらゴジラの背を狙います。

P1010411_convert_20090903225044.jpg
天気は回復せず、ゴジラの背にはアプローチできませんでした。
ゴジラの背の懸垂ポイントで記念ショット。

P1010413_convert_20090903225243.jpg
北穂小屋でコーヒータイム。
外はガスで何も見えません。
まだ午前9時です。

P1010405_convert_20090903224756.jpg
涸沢小屋まで降りてきました。
まだ午前中ですが、天候が回復してきました。
午後からはヒュッテのテラスで3日間の研修の講評を先生から一人一人いただきました。

P1010430_convert_20090903230146.jpg
夜は特別メニューをいただきました。
サービスで毎晩ワインも2本ずついただきました。

P1010440_convert_20090903230424.jpg
最終日はパノラマ新道を経由して徳澤に下山しました。
今回の先生は、数々の偉業を達成してきた次田経雄先生でした。
なんと70歳を超えていますが、自分たちよりも体力もあり、ナイフリッヂも平気で歩いていました。

今回は北尾根を登攀する目標は残念ながら悪天候で達成できませんでしたが雪のシーズンに向けて、
ロープワークなど良いトレーニングができました。

次週は剣岳に行く予定です。

[2009年09月04日]