FC2ブログ

2008年07月 First Descent

槍ヶ岳から南岳を縦走

IMG_7084.jpg
夏山第一弾。
いきなり飛ばすつもりで、大キレットを狙う事に。
今回は雪山友達の鉄人ヨシミンと一緒。

金曜日、仕事の会議が長引き、通勤割引の時間帯に高速に乗れず。
自宅を午後9時に出発、ひるがの高原のSAで仮眠。
寝坊してしまい、待ち合わせの平湯温泉まで猛ダッシュ。
午前4時におち合い新穂高の無料Pへ。

午前6時前新穂高を出発し槍平を目指す。
空は鉛色。
今にも降り出しそうで稜線は雲の中。
予定は槍平小屋から南岳新道を経由し、キレットを攻め一気に北穂高山荘へ。
翌日、白出沢から新穂高に下る予定をしていたが、
視界が無いのでキレットは諦め槍ヶ岳に行き先を変更。
IMG_7021.jpg 
(槍平小屋)

飛騨沢を登り、昼過ぎに山荘に到着。
自分は小屋泊の手続き。
よしみんはテントの設営。
彼女はテントにシュラフ、更にマットまで。
よくもまぁ、一人で担いで来たものだ。
いつもながら彼女の体力には驚かされる。
IMG_7108.jpg
(テントの設営)

荷物を山荘に置いて時折ガスの中からピークが見える槍ヶ岳山頂へ。
運よくガスが晴れ、気分は最高。
IMG_7059.jpg
(槍の穂先へ)

IMG_7050.jpg
(槍のピークから槍ヶ岳山荘)

IMG_7043.jpg
(槍のピークから槍沢)

山荘に戻り、750円のロング缶を買い、ロビーのテーブルで宴会開始。
すぐに空になりワインでも買おうかと言うと・・・
なんと、彼女のバックパックからペットボトルに詰め替えたワインが出てきた。
IMG_7072.jpg
(槍ヶ岳山荘の二段ベット)

山小屋は混んではいたものの一人一枚は布団を確保。
トイレも綺麗に改修されていて快適。
晩御飯も美味しい。
酔いが回り7時半に就寝。
となりのオヤジのいびきと午前3時からヘッドランプでパッキングを始めるオヤジのせいで眠れず。

午前4時半、御来光を撮影するために外へ。
昨日の下界の気温36度からは想像できない寒さ。
摂氏5度程だろうか。
パタゴニアのダウンセーターを着る。
東の空は青白く、徐々にオレンジ色へと変わってきた。
4時50分、槍ヶ岳の穂先に沿うように太陽が昇ってきた。
右方向には富士山と北岳。
南方向には穂高連邦、その向こうには乗鞍岳。
反対側には笠ケ岳。
きのうの天気とは打って変わって最高の景色。
IMG_7084.jpg
(槍ヶ岳3180mの夜明け)

IMG_7093.jpg
(富士山と南アルプス)

IMG_7097.jpg
(大喰岳3101m、バックは穂高連邦)

槍ヶ岳山荘を午前6時に出発。
大喰岳と中岳を経て南岳へとのんびりとした縦走コースを辿る。
南岳山頂で「岳人」のカメラマンに声を掛けられ写真を撮ってもらった。
IMG_7112.jpg
(大喰岳へのアプローチから槍ヶ岳と槍ヶ岳山荘)

IMG_7115.jpg

IMG_7139.jpg
(大喰岳と中岳3084mのコルから槍ヶ岳と大喰岳の雪渓)

IMG_7148.jpg
(南岳3033mピークからジャンダルム3163m)

IMG_7159.jpg
(キレットと北穂高岳3106m)

午前8時半、キレットを目前にし南岳新道を下る。
これがとんでもない道だった。
眼下に1000メートル下の槍平山荘が見えるほど急なコース。
クサリと梯子が連続するコースは思ったよりはるかにきつい。
本来の予定ではこのルートを登って来るつもりだった。
こんな辛いコースを登らなくて良かった。

IMG_7158.jpg
(南岳小屋)

IMG_7168.jpg

IMG_7169.jpg
(南岳新道から槍平小屋)

午後1時、新穂高に到着。
最後は大好きな「深山荘」の内湯へ。
露天も良いが、ここは内湯が最高。
源泉かけ流しの古い木の湯船は雰囲気がたまらない。
この夏は何度、この湯に浸かりに来るのだろうか。



スポンサーサイト



[2008年07月31日]

Keiちゃんおめでとう

FirstDescentのKeiの結婚式に出席する為、FDメンバー達と埼玉県の大宮へ。
3連休ということもあり、前日の土曜日は東京で選手時代の友人に再会.
丸一日遊んでもらった。
丸ビルのエスニックレストランで昼食。
是非行ってみたかった黒川紀章が設計した「新国立美術館」で企画展を見学。
企画展よりも外観の波打つガラスのカーテンウォールとアトリウムに巨大なコンクリートコーンには圧倒された。
P1000528.jpg
P1000525.jpg
P1000531.jpg
P1000530.jpg
美術館を出て、徒歩数分の東京ミッドタウンとヒルズへ。
買う物も特になく、山のほうがいいな~と、再確認。
四千円のトマトにはびっくり。
締めは六本木のスペイン料理。
いろいろ行ったけど、友人との会話が一番楽しかった。

翌日はKeiの結婚式。
控室に入りびっくり。
新郎新婦のスノーボードが5台が並べられ、その前のテーブルにはFDの活動が紹介されたアルバム。
P1000538.jpg
P1000533.jpg
P1000565.jpg
P1000543.jpg
P1000552.jpg
P1000557.jpg
ウエディングケーキは雪山仕様でKeiの滑走シーンをデザインしたチョコレートのプレート。
依頼されていたスピーチはなんとオオトリ。
事前にいろいろ考えたが、なんか気に入らず白紙に・・・
アドリブで喋ろうと覚悟を決めマイクを・・・
気持ち良く話していると同じテーブルのFDメンバーのSusukiから巻けの合図・・・この野郎!
披露宴用に作成したFDもショートムービーを話の間に挟み、なんとか無事完了。
ちなみにKentaプロデュ-ス。
ジャケットデザインは自分。
P1000562.jpg
P1000579.jpg
P1000582.jpg
P1000586.jpg
P1000595.jpg
P1000596.jpg
P1000594.jpg
それにしても感動な結婚式だった。
最近は結婚式に出席しても感動する事が無かったが、一緒にパウダーを追い求めている仲間の結婚式は特別。

連休最終日、大宮を午前8時半に出発。
もう一つ行きたかった企画展が上野の国立博物館で開催されていて行くことにした。
上野駅の改札を出ると、人の波が同じ方向に向いている。
国立博物館前は企画展のチケットを買い求める列ができていた。
中に入ると身動きできないほど人が溢れていた。
企画展は「対決-巨匠たちの日本美術」。
P1000588.jpg
P1000591.jpg

[2008年07月23日]

再び四日市のモデラートへ

2週間前に続き、四日市のモデラートへ行ってきた。
すでに、モデラートのブログで発表になっているが、8月1日にモデラートの一階と中二階にある
a-bonyがバートン専門店になる。http://www.moderateweb.com/
そして、今までモデラートが入っていた3階は、バートン以外のスノーボード、ゲンテン等が置かれるようだ。
では、モデラートはというと・・・
・・・通りの向い側の路面店に移動。
売り場面積も広くなり、しかも1階の路面店。
オーナーのABOさんのモデラートへの気合いの入れようが、本気だということが伝わってきた。
これはバックカントリーフリークにとって期待大。

ABOさんと、そんな話をしながら、焼鳥屋の一升瓶のワインに始まり、二軒目ではボトルワイン。
さらには日本酒専門のSAKE BAR GETTOでがっつり呑んで、最後の4軒目では焼酎ロック。
3軒目のSAKE BAR GETTOではマスターと名刺交換をした。
その時に名刺ケースを忘れてきたことに気が付いて戻ったが、すでに店の場所は記憶に無い。
隣の国の可愛い客引きの強引な誘いの誘惑に何度も心が折れそうになったが、なんとか帰還。
気が付けば午前3時を回っていた。
P1000407.jpg
すでに泥酔状態

四日市にも馴染みの店ができ、行くのが楽しみになってきた。
今回、ABOさんに連れて行ってもらったSAKE BAR GETTOはまた行ってみたい。
P1000405.jpg
SAKE BAR GETTO
http://blogs.yahoo.co.jp/sakebargetto
[2008年07月07日]