FC2ブログ

2006年08月 First Descent

白馬~Suzuki~

26、27日でFirst Descentにて久しぶりに白馬へ。金夜に着いていきなりいつもの温泉&宴会。明日のハイクに響くとわかってても飲んでしまう・・・。結局2時ぐらいまで飲む。あ~あ。

【26日 不帰南峰】
6時半起床。9時前から八方尾根スキー場 リフト終着の黒菱より唐松岳へハイク開始。今回の目標は黒峰~八方池~唐松岳~不帰。唐松岳ピークまではメジャールートと、時期的な事もありハイキングの人たちで混んでいる。自分達は不帰まで行かなくてはならない&時間的に少し出遅れたので、前半はハイペースでがんがん歩く。ほとんど小走り状態。

道中には残雪も。途中小休止を3度程とり、約2時間半強ほどで唐松岳ピークへ。この辺りまで来るとだいぶ人も減る。更にそこから不帰に向けて歩く。唐松岳ピークから不帰にかけては人もほとんど自分達だけになり、道も岩などが険しくなって少しだけ登山っぽくなる。人口密度的にはこれぐらいがいい。

12時半。不帰南峰到着。景色がヤバイ。全てを忘れて崖の先端から目の前の展望に見入る。吸い込まれそう・・・。人の小ささを再認識。ここまで約4時間。今日はここから更に下山がある・・・。普段は下りは滑る事を前提にしているので、あまり下山の苦しみは考えないが、今回は夏山、話は別。

重い足を引きずって下山開始。下山の歩きが下手な為、途中何度か足をくじく・・・。やっぱり下山苦手だ。。。そんなこんなで16時前、無事八方尾根スキー場トップへ到着。そこからはリフトでふもとまで降りる。リフトって素晴らしい!
初参加&初登山のKeiちゃんも見事達成。いい根性してますわ。今後が楽しみです。

温泉の後、夜はいつもの宿の庭先でBBQ&Tanakaさんが会社から拝借してきたプロジェクターで自分達の昨シーズンの滑りのDVDの試写会。プロジェクターいいです。欲しいです。


今回の登山、久しぶりという事と、絶景を見れて楽しかったけど6時間のハイペースハイクはさすがに疲れた。下山途中、なぜかスラムダンクの名場面集が頭をかけめぐり、一人で感動の鳥肌を立てた 笑。肉体的&精神的にかなり末期だったのか・・・。


次は秋の焼岳(岐阜)かな。素晴らしい紅葉を狙いたい。
060626-2.jpg

060626-6.jpg

060626-4.jpg

060626-1.jpg

スポンサーサイト



[2006年08月26日]

20日 伊勢~Suzuki~

いつも通り朝1時に集合して伊勢へ。道は空いていた。ラッシュとラッシュの間かな。

着いてすぐ入水。昨日、おとといと打って変わって静かな波。けど天気はさいこ~。初心者の自分には、こういう時はこういう時で練習すべきことがある。まったりしながらも地味に試行錯誤。何となく次回の課題が見えただけでも収穫。(勝手な思い込みの可能性大だけど・・・。)

後半は昆布が流れてくる度にそれを頭にかぶる○○に笑かしてもらったりしながら夏休み最終日のサーフィンを満喫。しかもやたら似合ってたし・・・。
改めていい夏休みだった。みんなに感謝♪結局9日中7日は海に、6日はサーフィンしてたなぁ。う~ん、し・あ・わ・せ 笑。

最近ロクに寝ていなかった為、帰りの運転は久しぶりに結構しんどかったかな。助手席さんとアゲアゲCDに助けられ無事到着。

(写真は着替え中にツーケーを見せるN氏。新携帯での初写メがこれ・・・ 笑)060820.jpg

[2006年08月21日]

19日 続 海~Suzuki~

前日妹宅で飲み過ぎた為か起きたら既に8時・・・。すぐに伊勢に出発。着いてすぐ入る。昼間からか人が昨日よりは少~しだけ多い。波と風ははじめは相変わらずあったが、昨日よりマシだったし、それも時間と共に弱まっていった。途中でうっすらと虹が海に見えたりして、周りに人が少ないのもあってかちょっと感動。

14時頃まで存分に遊び、実家から届いた新しい携帯を取りに再び妹宅へ寄り、そのまま滋賀へ帰宅。

20時頃に家に着き、メシ&1時の集合時間まで仮眠。充実した一人旅だったな。
[2006年08月19日]

18日 帰省のはずが・・・海?!~Suzuki~

18、19日と特に予定がない。せっかくの休みを家でだらだらしていても仕方が無いので、ふと新しい携帯でも取りに行きがてら実家にでも帰ろうかと思い立ち、昼前ぐらいから一路静岡へ。妹(四日市在住)にも声をかけたら、ぜひ途中で拾って欲しいとの事。

が、鈴鹿から四日市に入る辺りで「静岡」と「伊勢」の看板が。ここから静岡までまだ200キロ以上。一方伊勢は100キロ前後。気がついたら23号線を伊勢方面に曲がっていた・・・。妹には「静岡はやっぱやめ。今日泊まるし夕飯よろしく!」と連絡。

3時ごろから入水。よく考えたら一人で入るの初めて。スノーボードも基本的には一人で滑らないし・・・。台風の影響で波(&風邪も)は普段より大きいものの、先日の中村に比べたら全然許容範囲内。入っている人もそれなりにいる。と言っても、普段の休日よりは全然少ないので自分のペースでがっつり練習できる。一人で盛り上がり、真っ暗になって最後の2~3人になるまで入った。

21時過ぎに四日市の妹宅に着くとちゃんと夕飯が出来ていた。ダメな兄を持つと妹は立派に育つ・・・。さすがにビールまでご馳走になるのは兄としての威厳に更なる傷が付くので、差し入れとして途中のコンビニで調達。24時ぐらいまで二人で酒盛り。仕事、遊び、家族ネタで大いに語らう。で、いつも通り酔っ払って気がついたら就寝。
[2006年08月18日]

業務連絡&お願い~Suzuki~

先日のサーフトリップで自分の不注意から携帯が水没し、一切使用不能の状態になってしまいました。ご登録させて戴いていた皆さんの電話番号、メールアドレスなども全て閲覧ができません。

本日17日夜にも機種変更が完了し、携帯会社(ボーダフォン)&番号&メールアドレスなど一切変更はしないつもりです。

そこで大変申し訳ありませんが、自分のメールアドレスをご登録戴いている方は、本日夜以降に電話番号&お名前だけで結構ですので、自分宛に一通メールをお送り戴けないでしょうか?本当にお手数おかけしてすみません。






恐縮です。。。

# by doru00000
[2006年08月17日]

サーフトリップ4日目~Suzuki~

10時に起床。その後観光のため、金刀比羅山に向かう。そこで讃岐うどんと食べ、お参り。ひたすら階段を登る。
はい、すみません。正直なめてました金刀比羅山。道は階段だけど、距離&高度差的に軽い登山です。2~3時間歩くという事自体は普段のバックカントリーでも必須なのでそれほど苦ではなかったが、何より気温と湿気がキツかった・・・。こんだけ頑張ってお参りしたのだから何かご利益があるといいのだが・・・。あの賽銭の金額じゃあダメかな・・・。

下山し、あとはひたすら高速を滋賀へ。途中でお約束の渋滞につかまりながらも栄養ドリンク、ガムで乗り切る。それでも後半キツくなる所で何より助けられたのが、昔作成した音楽CD。中身はモー娘中心のアゲアゲソングばかり・・・。学生の時に北海道などスノーボードで篭ったりしていた時に男5人で車中大合唱していたが、さすがにもう聴かないので捨てようかと思っていた。それがこんな形で役に立つなんて。とっておくもんですな。もちろんお約束通り大音量で聴きながら、みんなで振り付け付きのカラオケ大会へ突入 笑。そこからはあっという間。無事滋賀に着き、店長さんに回転寿司をご馳走してもらい(ご馳走様でした!!)、解散。

今回のサーフトリップ。波のコンディションは決して完璧ではなかったけど、人生初のトリップとしてみんなでわいわいガヤガヤ、とても楽しかった。波ももちろん大事だけど、何より楽しい事が一番。そんなイベントを企画してくれた店長さんと色々お手伝いをしてくれたMにほんとに感謝。もちろん一緒に遊んでくれた同行のみんなにも。


(携帯が潰れた為、画像がありませぬ・・・泣)
[2006年08月17日]

サーフトリップ3日目~Suzuki~

トリップも今日で3日目。昨日の後半から波はかなり大きくなっていたが、今日はいよいよ入水不可能なレベルに。入れないのなら留まっても仕方が無いという事で、宿を引き上げて帰路へ。相手は自然だし、これはどうしようもない事。

が、帰る途中のビーチで一箇所入れそうな所が。普段は純粋な海水浴場らしいが、今日は波が大きくなっている事からサーフィンができる波が立っているようだ(勝手な推測)。既に正午を過ぎていたが、せっかくなので入る。堤防の影響(?)、地形の影響(?)からか変な感じの波&流れだけど自分には十分楽しめる。1時間半程、いつも通り数本乗れた所で切り上げ。


高知市に向かい、宿泊するホテルを探し&チェックインし、ホテル内のレストランで飲み&食事をし、さらに部屋でもひたすら飲み。


(携帯が潰れた為、画像はありませぬ・・・泣)
[2006年08月17日]

サーフトリップ2日目~Suzuki~

朝起きてポイントをまわる。が、台風10号の影響でどこも海は真っ白。だめかな~・・・と不安を抱きつつその後も数箇所をまわり、やっと1つのポイントで自分たちでも入れそうな所があり、入る事に。

スープにもみくちゃ&ぐ~るぐ~るされながらも調子にのってアウトに出るが、波がでかくて当然何もできず。さんざんやられて気持ち的にも肉体的にも満足(笑)したところで残りの時間はひたすらインサイドで練習。スープにパワーがあるのでインサイドも数秒だけどそれなりに乗れる。次の日は全面クローズが予想されるから死ぬまでやるように!との店長さんからの助言の元、日が暮れるまでどっぷり入る。きれいな海&浜辺、徐々に薄暗くなっていく中でのサーフィン。何かわからないけど、とてもいい・・・。

宿に戻った後は居酒屋で宴会。大好きなビールが細胞に染み渡る。更に沁み込ます。更に刷り込む。スノーボード同様、このビールがとっても重要。二次会は宿に戻りひたすら飲む、飲む♪深夜まで続け、飲み疲れ、話し疲れたところで就寝。


(携帯が潰れた為、画像はありませぬ・・・泣)
[2006年08月14日]

サーフトリップ1日目~Suzuki~

ひたすら高速を走り、一路今回の目的地である四国は高知県中村へ。高速長距離の旅は冬の毎週末の白馬通いで慣れているけど、さすがに初めての道は緊張する。でも今回のドライブは1人旅でなく他の仲間も一緒。一人だと長く感じる道のりもメンバーが多いほど会話も弾み、短く感じる。

早朝、高知に到着し、高速を降りるとガソリンランプが微妙に点灯。でもまだある程度は走れるので走りながらガススタを探すことに。が、その後数十km走るが、ガススタ自体はあるもののどこも時間が早くて開いていない・・・。やばい・・・。

その後も走り続け、メーターはとうとう未体験ゾーンへ!!上り坂がある度に精神的に苦痛を伴うようになる。も~自分これ以上ムリっす!!という所は海岸沿いでちょうどサーフポイント。近所のガススタが営業を始めるまでここで入っちゃいましょう、という事で急遽入水。そんなハプニングも旅の醍醐味、かな?

入水してすぐ、伊勢と違う感覚に戸惑う。水がすごくきれいという事もあるが、サーフィン的には何せまずアウトまで出れない。決して大きい波でもないのに・・・。わかっていはいたが、再度自分のダメさを認識。それでも約1時間半。数本乗れたところで中村へ先行しているメンバーに追いつくために切り上げ。

無事合流し、そこのポイントで再度入水。が、そこで再びハプニング。しばらくするとパドル中に腿の辺りに何かが当たる・・・。はい?と思って触ると嫌な予感・・・。何とサーフパンツに入れた携帯も自分と共に入水しているじゃないっすか!!あうあうあ~。携帯ご臨終。しばらくぼ~ぜん。その後自分への怒り 笑。いったん上がり、自販機で買ったCCレモンを一気飲みしつつ気持ちを落ち着かせる。やっちゃったもんはしょうがない。物はいつか壊れる。消えたデータはかなり痛いが、これもなんかの御縁かもしれない。そう思いサーフィンを再開。


夕方に宿に戻り、宿の近所の焼肉屋でビールと肉を食らいその日は就寝。初のサーフトリップ、濃い~感じで始まりました。

(携帯が潰れた為画像がありませぬ・・・泣)
[2006年08月13日]

漁&BBQ ~Suzuki~

前日からボード仲間の家に泊まり&飲み(男3人でカラオケ4.5時間・・・一人8千円・・・泣)、朝から日本海へ漁に。海に入り、温泉に入り、市場で食材を買い、滋賀に戻ってBBQというより庭先で七輪を囲みながら一杯という感じ。サザエや甘エビを刺身や焼いて食べる。毎年恒例だけどうま~。


夕方に電車で大津まで戻り、軽く寝て、久しぶりに帰ってくる後輩の飲み会に顔だけ出し、夜から四国サーフトリップへ出発♪
[2006年08月12日]

6日(日) 海&メシ~Suzuki~

遅ればせながら。

日曜は伊勢へサーフィン。先週はお休みしたので2週間ぶり。2週間空くだけでずいぶん休んでしまった気がする。学生の頃、毎年欠かさず山に篭って毎日飽きるまでスノーボードをしていた。もうしばらくボードはいらんって思うぐらい滑った。そんな風にサーフィンもできたらいいなぁ・・・とかなわぬ妄想。

調子はイマイチ。いつもは「お?!いいんでないかい?!」と思うのが何本かあるが今回は1本あるかないか。そんな日もある。先週休んだ自分が悪い。

昼過ぎに帰ってきて、軽く昼寝をし、久々に会う知人と夕飯。車で行ったので飲まずにメシのみ。飲まない夕飯ってどれぐらいぶりだろう・・・。
[2006年08月06日]

編集作業~Suzuki~

去シーズンに撮り貯めたバックカントリースキー&スノーボードの映像をPCで編集してDVDにしている。

映像量が多い事以外にも、初めての編集作業で何かとわからない事ばかり。時々「ぬあっ~~!!!」と言いたくなるが、そんな時はビールを飲みつつ一休憩。

今日も朝8時前に起き、せっせと編集作業。夕方過ぎにやっと大枠の編集が完了。ここまで平均約5~8時間/1日×約15日弱。が、頑張った・・・。残作業はまだまだあるけどここまでくればあとは押し切れる。絶対仕事より頑張ってるし!!1億の案件でも普段はここまで頑張ってないかも・・・。

8月末の白馬での合宿までには完成させなくては!! 試写会の会場に予定していたプロジェクターがあるバーの電話が繋がらないが、大丈夫だろうか・・・泣

さて、明日は心機一転サーフィンに行こうっと。
[2006年08月05日]