FC2ブログ

ゲレンデ関係 First Descent

初滑り(かぐら)  トシ

 今日は足慣らしのため、かぐらに行ってきました。
週末に雪が降っていた様なのでパウダーに期待するも到着してガッカリ、昨晩からの降雪はないらしい。
パウダー諦め、感覚を取り戻すために滑走。
ところが、昨年から使い始めたBindingがなぜか固く感じ感覚が戻らず、変に動いているのかだんだん踵が痛くなって終了。
早く感覚を取り戻さねば。

SANY0003_201312182225427a7.jpg
田代湖

SANY0006_20131218222544635.jpg
朝は曇りで、お昼頃から気温が下がり始め雪が降ってきました
スポンサーサイト



[2013年12月18日]

咲花ゲレンデ & コルチナ ホダカ

6日は八方の咲花、7日はコルチナでパウダーたらふく食いました。
軽いパウダーたくさん溜まってました。

IMG_0259.jpg
6日、咲花にて。
この日は山は大荒れ、コルチナも上のリフトは終日運休でした。
[2010年02月06日]

岩岳でゲレンデスキー Hodaka

今日はBCはやめて、岩岳のリフト引換券があったので岩岳でのんびりゲレンデスキー。春の雪でした。
IMG_0086.jpg
岩岳から眺めた唐松岳。明日はあそこからドロップします。
[2009年02月28日]

16、17日 白馬八方ゲレンデ ~Suzuki~

まだ山にまとまった積雪がない。やはり今年は遅れている。
バックカントリーにもアクセスできなくはないが、どうしても登り返しが必須になる。それに正直言ってもう少しゲレンデで足慣らしをしたい。

という事で、今回は白馬八方へ。
上部だけの営業だが、奥美濃と違い、一応ちゃんとした雪のゲレンデ。
でもバーンはアイスだったり、地面が出ていたりと決して良くない。むしろ悪い。それに、まだパークがある訳でも、地形的に遊べる訳でもないので土日共滑るのは午前の2~3時間だけ。体力的にはもっといけるけど、やる気的にこれで限界。

土曜はゲレンデ板、日曜はTT。
一応ちゃんとしたゲレンデを滑れて、足慣らしもできたし、新しい道具の感触にもだいぶ慣れた。(今年はビンディングを変えた。)
これでやっと板に載せされてる感がなくなってきた、かな。。。先週とかはかなりひどい滑りだったし。

日曜は途中でKeiちゃんと板を替えてAURAも乗ってみた。柔らかいからか、想像していた通りとても乗りやすく、今回のようなボコボコの悪バーンでもガンガン踏んでいけて面白かった。AURA、ありだな。。。くれっ!
ん?TT?こんなバーンでは全然ダメ。TTはパウダーだろうが、なかろうがきっとキレイな面で乗ってこそ楽しい板だと思う。キュィ~ンって感じで。来期は山&パウダーボードにTTとは別の性格の板を何か買おうかな。キュィ~ンってやつじゃなくで、ブァホッ、ブァホッっとパウダーの中で踊る感じの板を。
[2006年12月18日]

~北海道最終日~ Suzuki

最終日なので気合十分のもと、朝起きると外は猛吹雪・・・。天気予報を見ようとTVをつけると天気予報の番組にする前に「暴風雪警報発令」のテロップが画面に・・・(泣)それでも何もせずにはいられず、一応わずかな期待を抱き仕度をしてゲレンデに。が、結果的にゲレンデへ向かう道中も吹雪で前が全く見えなく、ゲレンデに行くにもとんでもなく時間がかかった。モイワについたころには自分で運転していたのに、酔って気持ち悪くなった。吹雪で酔うなんて初めての経験だ。それでも着いてからしばらくはモイワの駐車場で待機してみたが、吹雪はひどくなる一方で一向に回復する気配がなく、さすがに今日は諦めて、空港までの帰途につくことに。

空港までの道のりもとても大変だった。レンタカーで空港まで帰らなくてはならないのだが、空港までの主要な道は次々と閉鎖されるし、本当に一時は空港にたどり着けるか心配になった。2時間ほどぐるぐるとニセコ近辺をうろついた後、南に行けば雪もそこまでひどくはないし大丈夫だろう、とのあてになるのかならないのかわからない判断の元、遠回りにはなるが南下して洞爺湖~室蘭~苫小牧を通るルートを選択。これが見事にあたり、しばらく南方に行くと空は快晴になった。時間通り空港にもたどり着けた。が、せっかく時間通りに空港に着いたものの、結局飛行機が遅れて1時間弱ほど待たされてしまった。そんなこんなで関空に着いたのは10時半。自宅へ向かう特急はるかの終電も既になく、普通電車を乗り継いで深夜1時半に自宅に到着。3日間の滑りより何より最終日の移動が一番疲れた・・・。

今回のニセコツアーはFirst Descentを通じてお知り合いになった北海道のたかさんにニセコ周辺のゲレンデについていろいろな情報をお教え戴いて、それらポイントを中心に回った結果、BCではなくとも非常に充実した遠征になった。
【また、略儀ながらこの場をお借りしてたかさんにはお礼申し上げます。ありがとうございました。】

たかさんは北海道BCのスペシャリストであり、1月にFirst Descentの北海道遠征があるが、たかさんの予定が合えば是非お会いしたいと思う。
CIMG3437.jpg


[2006年01月05日]